2017年一番売れた商品 シリーズ編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は昨年一番売れた商品を紹介しました。前回紹介した商品は単一商品では販売数No.1でしたが、シリーズ商品としてはもっと売れた商品があるので今回はその商品を紹介したいと思います。

最遊記RELOAD 全10巻完結セット (ZERO-SUMコミックス)
峰倉 かずや
一迅社
売り上げランキング: 20,326

モノレート

7/6に最遊記RELOAD BLASTのアニメ放送が開始、それに合わせて関連商品の最遊記シリーズのほとんどが値上がりしました。値上がりの動きは一気に高騰するのではなく比較的緩やかな感じでした。

上記の最遊記RELOADはシリーズの中でも一番多く売れた商品です。6月後半から20%オフの店を中心に少しずつ仕入れ始めました。価格を見ながら売れたら再仕入れという形でしたが、気がついたら10月位まで繰り返していました。

最初は870円⇒2000円~2500円位でしたが徐々に値上がりし、アニメ公開後少ししてブックオフの108円で余り見かけなくなった頃から値上がりはスピードアップし6000円台まで高騰しました。

6000円台ではあまり売れなかったですが、5000円程度ではポンポン売れました。ただ、その頃は仕入れ値もアップしていたのでめちゃくちゃ美味しかったというわけではないですが。

この商品の特徴として、シリーズすべてが順調に値上がりし回転も良く仕入れのたびに複数仕入れができたことが挙げられます。

最遊記RELOADも上記の大判コミックのほか文庫版5冊セットが有り、無印の最遊記もオリジナル版と新装版、文庫版があります。そして外伝も大判コミックと文庫版があり、文庫版は何点かだけですが単品で108円⇒1500円みたいな感じで売ることが出来ました。

最遊記オリジナル版は値動きは少なかったのですが、FBA出品が少なかったため500円~800円仕入れでFBA2000円~2500円ほどで売ることが出来ました。

昨年の7月は売上不振で苦しんでいたのですが、最遊記シリーズにかなり助けてもらった記憶があります。納品するたびに最遊記シリーズと鋼の錬金術師だけすぐに売れてほかは全然という感じでした。

文庫の方はすべてプロパーでも仕入れが可能だったのもかなり助かりました。とりあえず棚にあるものはすべて仕入れる感じでした。大体4000円ほどで売れていましたが、ライバル不在のときは6500円ほどで普通に売れました。

今ではほとんど値下がりしてしまい仕入れられなくなりましたが、棚に並んでいるのを見ると今でもビクッとしてしまいます。損切分も含めてですが、最終的にシリーズで170セット程売れていました。

最初の時点から棚にあるものを全力で買ってある程度寝かせておき、値上がりしてから売れば高値で売り抜けて利益を最大化出来たかも、と今となっては思いますが結果論ですね。

そもそもそれほど値が上がるとも思っていなかったしこんなに長く売れるとも思っていなかったし、基本的に売れた値段がその時の適正価格と思っているのであまり結果論で考えないようにしています。

でも実際に5000円~6000円台でも普通に売れていくのを見ていると「あの時もっと買っておけばよかった」とか「あんなに安値で売らなければよかった」なんて考えが頭の中を支配してしまいますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*